ワタベウェディング株式会社

未来を共にする
先輩たち

Member

ワタベウェディングの未来を創る、新しい価値を

商品企画
池上 光平 (2012年入社)

ワタベウェディングの未来を創る、新しい価値を

2012年新卒入社、ワタベウェディング発祥の地である京都でタキシードコーディネーターを担当。
その後ウェディングプランナーや旅行会社への法人営業、店舗責任者の経験を経て、
現在はリゾートウェディングの商品企画を担当。

Interview 01 ワタベウェディングは
どのような企業ですか?

チャレンジ精神旺盛な方が活躍できる風土がある会社だと思います。ブライダル業界の仕事はプランナーや支配人のイメージが強いかもしれませんが、ワタベウェディングは製造や旅行など、事業領域が広く職種も多岐にわたります。近年でもM&AやEC、メディアなどの新規事業も積極的に展開し、良い意味でブライダル業界を逸脱していると思います。チャレンジングなフィールドが広がっており、若手にもチャンスをくれる会社です。

Interview 02 ワタベウェディングを
志望した理由は何ですか?

4歳からずっとチームプレーが大切なサッカーを続けてきたことから、周囲と連携をしながら目に見えないものを創り上げるブライダルの仕事に興味がありました。その中でもワタベウェディングの「世界最高のブライダル企業を目指します」という理念に共感し、負けず嫌いな性格から、やるなら世界で一番を目指す会社で働きたいと思い、志望しました。面接で会う社員一人ひとりが高い志を持っていて、このチームの一員として働きたいと感じました。

Interview 03 現在の業務内容を教えて下さい。

現在はマーケティング統括部で商品企画を担当しています。
商品企画とは、チャペルの開発から、挙式をするためのパッケージプランやアルバムなどのオプション、価格設定まで、マーケットニーズを捉えた商品創りを行います。
チームメンバーはもちろんプランナーや広告宣伝、ハワイやグアムなどの各エリア、パートナー企業など、多くの方との連携を通じて一つの商品を創り上げていく仕事です。

Interview 04 やりがいを感じたことは何ですか?

私たち商品企画部門の使命は「良い商品」を創ること。それは自分たちにとって素敵な式場ではなく、お客様に選ばれ、喜んでいただく、つまり自己満足ではなく売れてこそ良い商品となります。ワタベウェディングは世界中に100会場以上の挙式施設を展開しており、人気チャペルは年間1,000件以上の申込みがあります。これだけの事業スケールで商品企画を担当し、自分が携わった商品がお客様に選んでもらえたときの喜びは計り知れません。一方でヒット商品を生むためには、プランナーの提案力と連動する必要があり、自分たちだけでは 成し遂げられません。お客様を知り、仲間(現場)を知り、競合を知ることを探求し続けることこそが、マーケティングの醍醐味であり、この仕事のやりがいです。

Interview 05 失敗したことは何ですか?

私自身プランナーや店長経験があったため、商品企画を担当した当初は、いかに店舗のプランナーがご案内しやすいかに重きを置いた商品創りをしてしまい、顧客視点が不足していたと感じます。まさに企画担当としてご法度のマーケットインではなく、プロダクトアウトの発想です。 プランナーの提案力を信頼し、徹底的な顧客視点で常にお客様に求められる商品を創り続けていく必要があることを痛感しました。

Interview 06 学んだことを教えて下さい。

商品企画という本部での仕事を通じ、より広い視野で物事を考える力が身についたと思います。リゾートウェディングは<世界規模でのチャペル開発⇒プラン創り⇒全国の店舗への流通⇒集客⇒プランナーによるセールス&プランニング⇒現地での挙式>という一気通貫のビジネスモデルです。商品企画はそのバリューチェーンの中心に位置し、各部門との議論や調整を繰り返し、商品創りを行います。店舗業務に加えこのような経験が20代のうちに出来るのは、若手にも積極的にチャンスをくれるワタベウェディングならではだと思います。

キャリアステップ

CARRIER STEP

1年目
京都本店 タキシードコーディネーター
3年目
エージェント営業グループ 関東エージェント営業チーム
4年目
立川店 店長兼ウェディングプランナー
7年目
マーケティング統括部 プロダクトグループ

Interview 07 これからやり遂げたいことはなんですか?目標を教えて下さい。

圧倒的なブランドを確立したいです。そのためにニーズに応えるだけでなくトレンドを創り出すことで、さらなるマーケットシェア拡大を図ります。それは65年以上の歴史があり、最も多くのお客様をサポートしてきたワタベウェディングだからこそ実現できることであり、結婚式文化を絶やさず発展させることがリーディングカンパニーとしての責務だと思います。

Interview 08 未来の後輩たちへメッセージをお願いします。

ワタベウェディングで活躍する社員は「当たり前」と考えられていることに疑問を持ち、解決に向けて行動ができる人です。「当たり前」の中に新しい価値は存在しません。ワタベウェディングは現状不満足の視点をもってきたからこそ、海外ウェディングやセルドレスなどの新たな文化を創り出せてきたのだと思います。ワタベウェディングはまだまだ発展途上であり、これからも幸せのインフラ創りのチャンスが溢れています。

他のコンテンツを見る

OTHER CONTENTS